WINTER GREETINGS オリジナル・ドリップバッグ・コーヒーのお話

グリーティングカード pcm

今回は『冬の贈り物』のお話です

クリスマスも間近に控えた12月下旬のある日。

東日本オフィスはとあるモノの作製&発送業務に取り掛かっていました。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

オフィスの奥に拡充された作業スペース(*ぼんやり加工の為、画像はもやもやしています)

上の写真内で運び込まれたもの☟

  • 大量のクリア封筒
  • ご挨拶のお手紙
  • バーコードシール冊子(ダイレクトメール用)
  • 2種類のちょっとした広告
  • 2種類のドリップバッグ・コーヒー(各1000個)

年の瀬も迫りつつあるのに、どうしてこんなに荷物を運びこんだかというと…

年末年始のご挨拶、ささやかな贈り物を添え

本来であれば、年末年始はご挨拶回りで皆さまのところへ伺いご挨拶申し上げたく

…と思う次第なのですが

既にご存知の通り、勢い収まらぬ件のウイルスの影響、そして接触というご不安と懸念を踏まえまして

今回はお手紙にささやかな贈り物を添えてでのご挨拶に返させていただきたく…ということに相成りました。

グリーティングカード コーヒー pcm

恐れながら今年はお伺いでのご挨拶を控えさせていただきたく…

あわせて今回はウインターグリーティングギフトの意味合いも込め

クリスマス前に皆さまのお手元へ到着するようにという目標で製作がスタートしました。

今回お送りするものは

ということで朝早くから始まったグリーティングギフトDMの製作作業。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

ちなみにお入れしたチラシの1つがこちら。FIKAという言葉をご存知でしょうか?

  1. まず袋にお手紙と2枚のチラシを入れて
  2. 次にドリップバッグを2つ入れて
  3. 封をしてDM用シールを貼り
  4. 最後に宛名のシールをペタリ
  5. 完成
グリーティング pcm

一通りの作業で完成したものがこちらとなります。

ドリップバッグのおひろめ

試験的かつ、ちょっと特別なオーダーとしての位置づけでもあったため

今まであまり積極的には告知しておりませんでしたが

pcmではオリジナルのドリップバッグの製作も請け負っております。

関連記事はこちら↓

オリジナルコーヒードリップバッグ OEM

 

ドリップバッグ

2020年4月にお披露目した「イベント業界は諦めない」の願いを込めて作製されたドリップバッグ。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

世界で一つのオリジナル、意外と簡単にオーダーできます。

ギフト、販促ノベルティ、プレゼント、特別なお土産といったご依頼で限定的に承っておりましたが

お客さまから本当に喜んでいただけること、そして製作のプロセスも確立できましたため

今回のご挨拶に添えてお披露目させていただくに相成りました。

pcmからお客さまへ。お客さまからお客さまへ。特別な贈り物はいかがでしょうか。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

そして用途はお客様しだい。とっても喜ばれるもの、おつくりします。

ちなみに今回お入れしたドリップバッグもpcmのオリジナルデザインのもの。

「こんなデザインのものも作れます」という実例をご紹介、の意ももちろんあります。

(おかげさまでスタッフはなんとか元気にしております、という近況報告の意匠も施しつつ…)

ですがそれよりもまず

「年末のお疲れのひと時、ホッとひと息ついてもらえたら」

という気持ちを強く込めました。

少しでも皆様の憩いになれば幸いです。

流れ流され作業は進みます

さて。

ああでもないこうでもない、ああしたらこうしたらなどと話しながら

若干手狭ではありつつも、流れ作業での試行錯誤なマニュファクチャリング(手作業)が進みます。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

あれこれと作業の工程を変えながらもとりあえず一旦完成しました。

今回お送りするウインターグリーティングDMはなかなかの総数です。

かなりの場所をとるため一度にすべての工程を終えるのはなかなか大変。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

数をまとめて運搬用段ボールに詰め替え。ちなみに1箱で100封です。

そこでまず一旦は「袋詰め→発送用バーコードのシールまで貼る作業」

「あとは宛名のシールを貼っていく」という作業と分けることにしました。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

分厚いDM発送用のバーコード冊子、伝票の下にあるのが宛名が印刷されたシール台紙です

いよいよ終了へ…と思いきや

そんな形で一通り完成したものに宛名のシールを貼っていきます。

黙々と行いつつ時間は流れ「思ったより早く終わるな」と感じていました。

ですが、考えてみれば想定していた目標数がそんなに早く終わるはずもなく

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

別室に移していたものが運び込まれてきました。

数もまだ半分程度。

FIKA オリジナルドリップパック pcm ケータリング

まだ半分程度の数量でした。

とはいえ直近の現場や神戸での学会の準備も控えており、急ピッチで作業を進めていきます。

ちなみに神戸での学会はこちら↓

クリスマスと泌尿器関連学会 神戸三大会場

全て発送完了

はたしてなんとか製作→発送を終え、クリスマス前までにお手元に届く形に仕上がりました。

ささやかなグリーティングギフトではありますが

皆さまに少しでもホッとしていただけましたら何よりです。

ドリップバッグを扱った記事はこちら

オリジナルコーヒードリップバッグ OEM

寒くなってまいりました。

どうぞ皆さま、お体にはお気をつけてお過ごしくださいませ。

〈了〉

PAGE TOP