医学系展示会 展示ブースでのケータリング 京都国際会館

(*ブログ統一の為、旧ブログ記事を移行しています)

今回はある時の京都の実例をご紹介です。

この実例で伺いましたのは国立京都国際会館。

そちらで開催された医学展示会において3社の企業ブースを対応致しました。

余談ながらこの時期の京都は紅葉が素晴らしく、来場された方々の話にものぼっていました。

ブースその➀

このブースでは、ジュースのスタンドバーをイメージし、フルーツジュースのケータリングを実施しました。

またブースカラーに合わせてシャツ・ポロシャツ・ストロー等も「紫」で揃えました。

ドリンク担当のコンパニオンの手配も行いました。

そしてドリンクはかなりの量が出ます。こちらは裏でドリンク作りに励む男性スタッフ

フロア担当のコンパニオン手配


とても忙しかったこのブースでは予定数3500杯を大幅に超え、なんと5000杯。

総勢17名のスタッフで頑張ってくれて、トラブルもなく何とか無事に終える事ができました。

 

ブースその➁

このブースではブランド系のドリンクサービスを展開、杯数は約1700杯でした。

コーヒーはイタリアのコーヒーブランド「セガフレード・ザネッティ」

ハーブティーはアメリカの紅茶ブランド「マイティーリーフ」

セガフレードはこのブログでも度々出てきますが

イタリアのボローニャに本社を置く欧州ではメジャーブランドです。

マイティーリーフもアメリカで徐々に浸透し

日本国内においても高級ホテルで利用されるほどハイクオリティーブランドです。

この二つは間違いのないブランド。先生方をおもてなし致しました。

 

ブースその➂

このブースではスタッフ弁当の手配というシンプルな内容。

こうしていずれのブースも無事終了したこちらの案件。

最終日にちょっと夜の京都で「ふう…」と息抜きも。

 

以上、京都での複数ブースにて異なるサービスをざっとご紹介でした。

このように一つの展示会や学会で、様々なサービスの展開が可能です。

ご担当者様の「こういう事がしたい!」等のご要望やイメージなど

是非ともお聞かせくださいませ。

PAGE TOP