国際シンポジウム ランチ&ドリンクケータリング 日本科学未来館

(*ブログ統一の為、旧ブログ記事を移行しています)

今回は国際シンポジウムでのケータリング実例をご紹介です。

以前の話ではありますがこちらの国際シンポジウム、場所は日本科学未来館にて開催されました。

内容はホットミールケータリング&休憩時のドリンクサービスというご依頼です。

ちなみにこの数日後にも別件でパーティーのご依頼を頂いておりました。

今回のシンポジウムは3日間に渡っての開催。

日本、アメリカの比較的若い研究者が多く参加されてのシンポジウム。

ホットミールを提供する機材(チューフィング)が並びます

初日&2日目はホットミールケータリング、最終日はお弁当スタイルでのランチの提供となりました。

ホットミールは2日間メニューをがらりと入れ替えて提供致しましたが、2日間共にとても好評で、

お替りをされる方も多く、主催者の方からも『お料理がとても評判が良いです!』とお褒めのお言葉も頂きました。

外国人が参加されての国際会議ではアレルギー食やベジタリアン食など…

気を付けなければならない事が多数ございます。

そして日本人に比べ多く召し上がることも多いので、分量の調整なども必要不可欠です。

今回はベジタリアンの方も多く参加されており、一般の方の食事とは別に専用のカウンターを設けて提供。

フレッシュトマトソースのパスタ、ベジタブルカレー、ベーグル、温野菜、フリットなどを提供致しました。

ベジタリアン向けのコーナー(一例)

ドリンクの方は、午前午後ブレイク時、ランチの提供。

午前、午後のブレイク時→ホットコーヒー、紅茶、ミネラルウォーター

ランチ時にはオレンジジュース、ウーロン茶

この様な形で提供を行いました。

ドリンクカウンターの様子

 

以上、簡単なご紹介となりましたが、国際シンポジウムでの実例でした。

pcmでは、日本科学未来館におけるドリンクサービス、ホットミールやお弁当サービス

またこの後日に控えるようなパーティーといった懇親会なども多数実績がございます。

科学未来館に限らず、国際会議に関してのケータリング等は是非お気軽にご相談くださいませ。

PAGE TOP